+A labo vol.14「野口 直人 先生講演会」&+A 忘年会のご報告

+A labo vol.14「野口 直人 先生講演会」の報告です。 講演会の様子 会話は言語でなく模型でする。という言葉通りに 多種に渡る模型製作のプロセスや、そのこだわりをレクチャー頂きました。 オスカーニーマイヤー展の模型をブラジル大使館に気に入られ、ブラジルでの建築模型展の依頼が来たとか ラウレンツィアーナ図書館の模型 木を削り出して作っているのは、かたまりからけずりだす彫刻的な思想をなぞっているから 一枚の合板を折るようにして作られてスツール スケッチを描く感覚でカッターを動かし、模型を作られているそうです。 このlaboの前に会場のアートプラザに展示されている磯崎新の模型を一緒に見て回るツアーもあり 模型の見方を改めて学ぶことができました。 懇親会まで参加頂き、夜遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。 (写真撮るの忘れた…) ところで、+A laboの前に新企画「INOUT」が開催されました。 「INOUT N°1 ~大分の建築とは?~」 ただただ建築について話合うのが目的の企画です。 後日、内容をまとめる機会を取りたいと思います。

続きを読む

プロフィール